イズミ株式会社

2009/6/30 火曜日

中国上海出張記ぁ ̄超斑甘:N村

Filed under: 出張記(N村さん) — webizumi @ 15:32:53

■2009年6月30日

 

 今年は全国的に空梅雨のようですが、昨日富山県では久しぶりに大雨が降りました。

 

 今日はうってかわって快晴。

 

 先程まで会社の裏庭を社長が中心となって大改造してました。

 

 私はできることが少なく、針金を持ってあたふたしているだけでしたが、 なぜかいい汗かきました。

 

 何をやっているかはおいおいブログでも紹介していきたいと思いますのでお楽しみに。

 

 さて、今日は上海出張記4回目です。

 

 s090630aaenadhay.jpg

 

 アルコール度50の悪魔がオノレの血液にどんどん流れ込んでくる。“なにかやばい”とすでにふらつき状態の頭でもそれは分かった。目の前の同僚Iの顔がグルグル回ったり、ぐにゃっとつぶれたりふくらんだりして見える。それから天井が回り始め、しまいには自分が空中に浮かんでクルクル回るような感覚に捕らわれた。こう書くと楽しそうだが、全身を巨人の手で握りつぶされるような何か得たいのしれない圧迫感があり、吐き気もひどい。あわてて、緊急ウーロン茶注入をする。ごちそうで、まんぷくになった腹に福建省ウーロン茶を入るだけ入れた。

 

 しかし、時すでに遅しか、それ以後の記憶は断片的にしかない。覚えているのは、先方の会社の自分と同年代の担当者に肩を借り、トイレまで行って、宇宙戦艦ヤマトの波動砲よろしく何発もトイレの壁に向かってゲ●発射したことだけだ。吐いたゲ●は地面に向かってぼとぼと落ちるもの、というそれまでイメージしていたゲ●概念を根底からくつがえすすさまじいものだった。「スタンド・バイ・ミー」という映画の中で、太ったことをバカにされた少年がパイの早食い競争の中で、みんなにゲ●をかけまくって復讐する、というシーンがあるが、その口から噴射するゲ●を見てデフォルメしたものとばかり思っていたが、現実もまったく同じであった。

 

 前回の中国出張では、底の浅い中国トイレに悩まされ、オノレの分身がその中国トイレに落下すると“おつり”がひどくズボンのすそがだいぶん汚れてしまった。今回は、返り血ならぬ、壁からの返りゲ●にあい、ズボンのすそはやはり汚れてしまうのであった。

 

 つづく・・・

 

 

2009/6/29 月曜日

中国上海出張記 営業担当:N村

Filed under: 出張記(N村さん) — webizumi @ 15:36:11

■2009年6月29日

 

 ハニカミ王子こと石川遼選手が重圧をはねのけミズノオープンで優勝し、日本人最年少で全英オープン出場の切符を手にしましたね。

 

 世界に通用する日本のスポーツ選手も低年齢化してきていますが、中でも象徴的な存在です。

 

 日本にいいニュースをたくさんもたらして欲しいですね。

 

 明日・明後日頃には会社概要の社員紹介を更新しようと思ってます。

 

 N村さんをまだご覧になっていらっしゃらない方は、今すぐ「会社概要」をクリックしてみてください!

 

 さて、今日は上海出張記3日目です。

 

 

 s090629aaenadhay.jpg

 

 

 中国の空港に降り立つと、毎度のごとく車の廃棄ガスとドブ川の混じったような匂いがした。“中国に来たな”、という気持ちになる。

 

 初めて中国に降り立ったのは、大連空港だった。中華料理に使われる魚ベースの醤油と香菜の匂いがした。“ああ、これが中国の匂いなんだな”と思った。

 

 ちなみに、インドの空港ではカレーの匂いがするらしい。日本の空港の匂いはと言うと、外国人によると、醤油らしい。その国を代表する香辛料がそのまま、その国の空港の匂いになるみたいだ。

 

 さて、熱風が吹き荒れる上海浦東空港の滑走路。ここからバスに乗りターミナルに移動した。
3人とも無事通関を通り、出口に近づくと、これから訪問する会社の社長さん、社員さんが出迎えてくれた。出張の間の移動やホテルの手配をお願いしているので、すんなり会えてホッとした。

 

「フライトはどないでしたか。これから、ホテルにチェックインして、それからすぐ食事にしまひょか」思わず大阪天王寺駅でビジネスホテルの客引きと話をしているような感覚になってしまったが、この社長さんはれっきとした100%中国の方なのだ。関西にある日本の会社で数年間働いておられたとのこと。

 

 ホテルは4つ星の立派なホテルだった。食事前に、少し時間があったので、シャワーを浴びる。水道水が塩素の強烈な匂いがしてプールの水で体を洗っているようだ。外国に出て初めて、日本の空気と水が清れつなことに気づかされ感謝させられる。

 

 近くのレストランに移動し、“熱烈歓迎”が始まった。「日本の方はとりあえずビールでしょ。」と先方の社長さん。“その通りです”中国ではビールを冷やして飲む習慣があまりないので、以前の出張では中国の生ぬるいビールにずいぶんとまどった。しかし、その場ではきっちり冷えた日本メーカーのビールが出てきた。「カンパイ!」外の熱い外気にほてった体に冷えたビールがまことに心地よい。ビールでほろ酔い加減になってきた頃に、先方の社長さんが「バイチュウーいきまへんか?今日はごっつ高いのを用意しましてん」といかにも高そうなケースに入ったバイチューを出して来られた。バイチューとは、アルコール度数が50度くらいあるとんでもないお酒で、香りはまるで、注射前の消毒用アルコールだ。“これを飲めば、これまでの人生の悪行の数々を清められるかもしれぬ”とばかり、中国式乾杯(日本でいうグラスの一気飲み)を繰り返し始めた。この後、人生最悪の悪酔泥酔記憶喪失ゲ●パッパ状態へと突入していくのであった。

 

 つづく・・・

 

 

2009/6/26 金曜日

中国上海出張記◆ ̄超斑甘:N村

Filed under: 出張記(N村さん) — webizumi @ 12:57:30

■2009年6月26日
 世界的スーパースターであるマイケル・ジャクソンさん急死のニュースにはびっくりしました。
 

 数々のヒット曲、色々なエピソードで話題のつきない方でした。
 

 ご冥福をお祈りいたします。
 

 さて、昨日から始まりましたN村さんの出張記、お楽しみください。

 

 s090625aaenadhayc.jpg 
 

 

 なんだか同僚Iが座っている座席の周りが騒がしくなってきた。Iの隣りに座っていた日本人がひっかかったのだ。体温は37.7度だという。それくらいの体温で、と言いたくなるが、哀れその乗客は一番後ろの座席に移され、後ろにいた乗客は前に移動させられ、隔離されるような形になってしまった。日本人の客室乗務員が困ったような顔をして隣りの席に座り付き添っている。
 

 「げっ」なのである。同僚Iは隣りに座っており、自分も2列後ろにいたのだ。“万が一豚インフルエンザだったら・・・”「ホテルに数日間隔離!」が頭をよぎる。そうなると、仕事どころではない。
 

 “げっ、う〜む、げっ、う〜む”を口の中でモゴモゴ繰り返しながらうろたえていると、ほどなく上海浦東空港に到着した。
 

 テレビニュースで見た全身白ずくめ、“中国版ゴーストバスターズもかくや”、という格好をした検疫官が4人機内に入ってきた。その隔離された乗客に真っ先に近づき検査らしきことを始めた。
 

 周りの日本人観光客らしき一団が、この中国版ゴーストバスターズ(以下、中国GB)の仕事ぶりをパシャパシャ、デジカメで撮っている。このノー天気的カメラ攻撃が中国当局の逆鱗に触れたらどうするのか?と内心腹立たしく思う。
 

 20分後、全員飛行機から降りられることになった。中国GBによるインフルエンザの簡易検査の結果が出たらしい。陰性だったのだ。今のご時世、おちおち熱も出せない。
 

つづく・・・

 

 

2009/6/25 木曜日

中国上海出張記  ̄超斑甘:N村

Filed under: 出張記(N村さん) — webizumi @ 15:55:09

■2009年6月25日

 

 今日から5回に渡って、約4ヶ月ぶりとなる営業担当N村さんの中国上海出張記でお楽しみいただきたいと思います。

 

 HP上のある所に期間限定で満面の笑みでこっそり登場しておりますので、気になる方は探してみてください。

 

 今回は世界を揺るがした大ニュース「豚インフルエンザ」に1枚かんでしまったお話です。 

 

 それでは、はじまり、はじまり〜。

 

 s090625aaenadhay.jpg

 

 

 豚インフルエンザが世界的に流行し各国が対策に追われている今日この頃。そんな中、上海への出張が決まった。今回は自分も含めて3人旅だ。

 

 出発前に中国によく行くT社の社長に中国の空港検疫について聞くと、「今、中国はすごく厳しいらしいんだよね。同じ飛行機の中で豚インフルエンザの患者でも出ようものなら何日もホテルで缶詰めにされるらしいよ。そうなったら面倒くさいし、騒ぎが収まるまで行かないほうがいいよ」とのこと。

 

 う〜む、そうなのか。近代化著しい中国であるが、そこは人治国家。一たび何かあると、どんな目に遭うか分からない怖さがある。

 

 不安を抱えながら、飛行機の人となった。出発後しばらくして機内アナウンスで、「今からインフルエンザ対策で乗客全員の体温を計ります」と中国語、英語、日本語で伝達があった。

 

 中国東方航空の客室乗務員が一人一人のおでこに赤い光線をあてる測定器で体温を計っていく。慌てて空調の送風口を自分のおでこにあてて、「現状と対策」を試みる。

 

 いよいよ、自分の番がくる。「ピッ」、しばらくの沈黙・・・“Your temperature is so high !”(体温がすごく高いです!)。

 

 “なにぃぃぃぃぃぃぃぃ!?”

 

 んなハズがない。風邪も最近ひいてないし、いたって健康なのだ。

 

 “Really? It shouldn’t be・・・”(本当に?そんなはずは・・・)

 

 「100%疑・怪・嘘」みたいな顔で言ったら、もう一度「ピッ」。しばらくの沈黙・・・“OK”と今度は涼しい顔でOKになった。“さっきのは一体なんだったのか?まあ、何も無くてよかったけど”

 

 つづく・・・

 

 

2009/6/24 水曜日

アジサイ

Filed under: — webizumi @ 18:04:11

■2009年6月24日

 

 

s090622ycyyuy1.jpg s090622ycyyuy2.jpg

 

s090622ycyyuy3.jpg

 

 梅雨に咲く植物と言えばアジサイ。

 

 近くの家や通勤途中に綺麗に咲いているアジサイを見つけたので撮ってみました。

 

 土が酸性だと青いアジサイが、アルカリ性だと赤いアジサイが咲くと言われていますが、同じ場所でも各々の色が咲いているのことから考えると、必ずしもそうではないようです。

 

 さて、アジサイと言えば、鎌倉の明月院など「アジサイ寺」と呼ばれ観光名所になっている所が全国各地にあります。

 

 以前テレビで見た鎌倉の成就院のアジサイを一度見てみたいものです。
 

 

2009/6/23 火曜日

夏至

Filed under: その他 — webizumi @ 13:39:36

■2009年6月23日

 

 6月21日(日)は1年の中で1番昼が長く夜が短いと言われる夏至でしたね。

 

 この日は数年前から全国各地で環境について見直そうということで、商業施設などの照明を消す「ライトダウンキャンペーン」が行われています。

 

 富山県では富山城や富山市役所展望台のライトアップ照明が消されました。

 

 環境を意識したイベントが定期的にあると、改めて自分の行動を見直す機会になりとてもありがたいと思います。

 

 さて、この21日という日。みなさんは違和感なかったでしょうか。

 

 私は確か小学校の理科で、夏至は6月22日だと覚えた記憶があったのです。

 

 そこでちょっと調べてみましたら、、、

 

 西暦年数の4で割った余りが「0」〜「3」で、その中でもある年〜ある年は6月20日だったり21日だったり22日だったりするのだそうです。

 

 たまたま私が覚えた頃は21日と22日が2年置きに変わるサイクルにあったようで、ここ最近は4年に1度22日になるだけであとは基本21日。

 

 その計算式によると、私が生きている間はほぼ21日で、2011年、2015年、2019年だけが6月22日になるようです。

 

 

2009/6/22 月曜日

蜃気楼

Filed under: その他 — webizumi @ 13:29:43

■2009年6月22日

 

 昨日、富山湾では今季14回目になる蜃気楼が発生しました。

 

 肉眼でも観察できるほどはっきりと見えたそう、そこまではっきり見える蜃気楼はとても珍しいそうです。新聞によると約2年ぶりとのこと。

 

 蜃気楼とは密度の異なる大気中で光が屈折し、起こる自然現象のこと。

 

 日本では富山湾のほかに、オホーツク海沿岸や琵琶湖周辺でも見られるそうです。

 

 見ようと思って見られるものではありませんが、一度は生で見てみたいものです。

 

 何かいいことありそうですもんね。

 

 なかなかお目にかかれない蜃気楼の写真を撮る写真家もかなりいらっしゃるようで、
それだけひきつける自然の神秘を感じずにはいられません。

 

 

2009/6/20 土曜日

ラックの設置

Filed under: 会社紹介 — webizumi @ 11:54:04

■2009年6月20日

 

s090619yeyay1.jpgs090619yeyay2.jpg

 

 イズミでは、商品を仮置き・蔵・棚と3段階に分けて商品管理しています。

 

 「棚」はいわゆる出荷用の棚のことで、お客様からのご注文にすぐ対応できるよう必要数量をシリーズ別に管理しています。

 

 これまで「仮置き」「蔵」についてはスペースの有効活用重視のため、大枠では置き場所が決まっていたのですが、誰でもどこにあるかが分かるというレベルではありませんでした。

 

s090619-3yeyay.jpg 

 

 在庫数量の見直しなど手をつける部分はまだあるのですが、
まずはいったん整理しようということでラックを100個近く購入しました。

 

 色は鮮やかなハワイアンブルー。

 

 これまではラックの色はホワイトやグレーと比較的落ち着いた感じの色ばかりだったのですが、
倉庫の雰囲気も違って見えます。

 

 次は、運用をスムーズにするためのシステムをどう構築するか。

 

 まだまだ課題は尽きません。

 

 

2009/6/19 金曜日

アンケート

Filed under: 会社紹介 — webizumi @ 17:43:40

■2009年6月19日

 

 先日より、日頃お取引させていただいているお客様へのサービスの向上をはかるため、また、皆様が普段感じていらっしゃることなどを知る機会を持ちたいと思い、アンケートを開始いたしました。

 

 今年で4回目になります。

 

 いただいたご意見・ご要望から商品開発・社内業務改善につながることがたくさんございます。

 

 アンケートを開始して数日たちますが、厳しいご意見、励ましのご意見など多くのご返答をいただいており、社員一同大変感謝しております。

 

 今後の取り組みのモトになる大切なご意見です。

 

 社員一同、楽しみにお待ちしております。

 

 今回、ホームページについてもご意見を伺う項目があります。

 

 お客様の要望が高く何ヶ月も検討し、かなり投資してようやく完成したものがほとんど見ていただけなかったり、逆にほとんど費用をかけていないものがよく見ていただけたりと、思い描いていた通りにはなかなかいきません。

 

 今回いただくご意見を参考にさせていただき、ホームページもよりよくしていきたいと思います。

 

 

2009/6/18 木曜日

財務勉強会2

Filed under: 会社紹介 — webizumi @ 16:30:09

■2009年6月18日

 

 財務勉強会ということで4月から税理士の先生にお越しいただき、まずは簿記3級レベルを身につけようと勉強会を実施しました。

 

 簿記3級がほんの数回の講義で身につくわけでもないのですが、思っていた以上にハードルが高く理解度がバラバラになってしまいました。

 

 その反省を踏まえ方法を少し変えてみようということで、「戦略会計で利益を創る」というソニー・ヒューマンキャピタル編集の本をテキストとし、来月から数回に分けてやってみようと思います。

 

 予習として読んでみたのですが、これがとても分かりやすい。

 

 BS・PL・キャッシュフロー計算書の見かた、損益分岐点の考え方や、行動の仕方まで分かりやすく導いてくれます。

 

 簿記の知識がなくても、何となく会計の仕組みを理解することができ、とても良い本に巡り合ったと思います。

 

 今後が楽しみです。

 

 

次のページ »