イズミ株式会社

2009/11/30 月曜日

亀田VS内藤

Filed under: その他 — webizumi @ 13:47:24

■2009年11月30日

 

 昨晩は亀田と内藤の一戦に釘づけでした。

 

 内藤が必死に攻めるも、亀田の固い防御をこじあけることが出来ず、効果的にカウンターを決めた亀田の判定勝ちとなりました。

 

 内藤人気も亀田との一戦から始まったことを考えると、なんだか複雑な試合になりました。

 

 内藤も最後まで諦めずにパンチを出し続けたのが素晴らしい試合の要因だったと思います。

 

 また再戦してほしいと思います。

 

 そして今朝のニュースで知りましたが、亀田内藤戦はWBCの日韓戦よりも視聴率が上だったそうですね。

 

 ただ一つ残念だったのは、実況アナウンサーがボロボロだったこと。アナウンサーも興奮して解説者の言っていることが耳に入らなかったのか、大熱戦に水を差す言い間違いが何度もありました。

 

 スポーツは審判の判定によって大きく左右されますが、アナウンサーも頑張ってほしいと思いました。

 

 

2009/11/28 土曜日

今月のテーマ(自分の周りの改善案)

Filed under: その他 — webizumi @ 10:24:10

■2009年11月28日

 

 今回、最も多かったのが「整理整頓」に関することでした。

 

 日々意識して実践している人、やらなければと思いつつ ついつい疎かになってしまう人、色々です。

 

 残念ながら私も後者の一人です。すぐ書類の山が出来てしまいます。。。

 

 イズミでは先月より「各場所の点検」ということで、庫内・事務所など順次全員で点検し、「○○は使ってないのでは?そうだとしたらここに置かなくてもいいのでは?」「逆に、○○が必要なのでは?」といった視点で気づいた事を言いあうようにしています。

 

 「自分」の場所を変えられるのはちょっと嫌だな〜と思う一方で、周りから見ればそう見えるのかといった気づきがあったり、そもそも「会社」の場所であって「自分」の場所ではないとハッとしたり、思うことも色々です。

 

 他には、「変える」「デッドラインを決める」「数字・ライフサイクルで考える」「企業理念、社是を定期的に言う」など、どれも必要なことばかりだと思いました。

 

 社長は何を言うのかな〜と思ったら「シンプルに考え、シンプルに行動する」でした。

 

 これはイズミの指針にある「単純明快に行う」にフォーカスしたものです。

 

 先にあげた改善案もイズミの「企業理念、社是、指針」を実現するために必要なことばかりです。

 

 11月も終わろうとしているこの時期に改めて「企業理念、社是、指針」を読みなおすのでした。

 

 企業理念:
   信頼され、持続する企業になる

 

 社是:
   顧客満足、社員満足

 

 指針:
   積極的に行う
   単純明快に行う
   独自性を持つ
   迅速に行う
   スケジュールを立てる
   費用対効果を考える
   改善と節約に努める

 

 

 

 今やっている仕事で欠けている点はないだろうか。自問自答。自問自答。自問自答。
 

 

2009/11/27 金曜日

山形りんご

Filed under: その他 — webizumi @ 9:01:40

■2009年11月27日

 

s091127-1.jpgs091127-2.jpg

 

 山形県のお客様より嬉しい贈り物をいただきました。

 

 大きな大きなリンゴです。

 

 ふだんスーパーで見かけるリンゴに比べ、とても大きく 密もたっぷりで甘く、とても美味しいリンゴでした。

 

 朝の果物は「金」と言われています。

 

 今日は朝からリンゴを食べて、元気に一日過ごせそうです。

 

 ごちそうさまでした!

 

 

2009/11/26 木曜日

枯れ葉???

Filed under: その他 — webizumi @ 14:35:52

■2009年11月26日

 

s091125-1.jpgs091125-2.jpg

 

 昨日、社長宅のベランダに干した洗濯物に枯れ葉がついており、手で振り払うとバタバタと激しく羽を広げて飛び回るではありませんか。

 

 これは珍しいということで社長自ら捕獲。

 

s091125-3.jpgs091125-4.jpg

 

 取締役や他の社員と「初めて見たね〜。」などと一盛り上がりしていたら、思い立ったらすぐ行動の社長は富山科学博物館に電話をかけていました。

 

 「珍しい昆虫をつかまえたから、何か役に立つかな〜」といった内容を伝えたものの、担当者不在という事でまた明日連絡をいただけることになりました。

 

 その後、取締役は近所の知り合いから虫カゴを借り、来社されたお客様にはお見せするという、突然の来訪虫をビップ待遇したのでした。

 

 調べてみると、「アケビコノハ」という蛾の一種で、冬を越すために「枯れ葉」になるのだそうです。

 

 

 そして、今朝。

 

 好奇心旺盛の社長から連続質問。

 

 社長「あの蛾は何食うて生きとるがかね〜?」
  私「・・・」
 社長「蝶と蛾は何が違うがかね〜?」
  私「・・・」

 

 その後、調べてみるとエサは樹液であることはすぐ分かりましたが、蝶と蛾の違いについてはなんと昆虫分類学上での区別はないことがわかりました。

 

 昼活動するのが蝶で、夜活動するのが蛾というのがよく知られた違いのようですが、例外もあるとのこと。他にも飛び方や触角の形状などでも分類されるようですが、こちらも例外があるようです。

 

 その後、富山科学博物館に電話し「アケビコノハ」について説明しようとすると、

 

担当者「あー、アケビコノハでしょ?」「そ〜んなに珍しいものでもないですよ。博物館の周りでも毎年見かけますから。」
  私「・・・(え〜、あんなに盛りあがったのに・・・)」「あ〜、そうでしたか。いやー、ひょっとして凄いものを捕まえたのかな〜と思いまして。。。」

 

担当者「また、何かございましたらお気軽にどうぞ。」  と、あっけない結末となりました。

 

 次に虫カゴを見た時は、社長がアケビコノハを外へ逃がしている所でした。

 

 しっかり、冬を越してね。

 

 

2009/11/25 水曜日

全脳思考(神田昌典著)

Filed under: — webizumi @ 9:56:49

■2009年11月25日

 

 400ページを超すかなりの大作で読むのが大変でしたが色々な気づきがありました。

 

 ・情報を収集・整理することが付加価値となる情報社会
  →収集・整理された情報から生みだされた新しい気づき・アイデアを実際に、行動に移すことが付加価値となる知識社会へ
 ・市場を奪うための「競合戦略」
  →市場自体を作り出す「需要創造戦略」へ
 ・ライバルから「市場シェア」を奪う
  →自社のことをどれだけ顧客から考えてもらえるかという「顧客マインド・シェア」を確保することが重要
 ・ニーズを引き上げ、ウォンツを引き上げる などなど
 ・論理だけでは、心が動かない。ストーリーだけでは、頭が動かない。論理+ストーリーが大事。

 ・過去からの連続で思考するのではなく、クライマックスから考える。現在から発想すると、顧客の期待を越える前に失速してしまう
 

 う〜ん、どれも言い方は違いますが、社長が口酸っぱく話していることと似ています。

 

 他にも、言われてみればそうだなーと思うこと、ドキッとするようなことが書かれてました。

 

 ・検索されなければ、あなたの事業は存在しない
 ・以前は購入する前に会社に接触が必要だった。商品情報は会社が持っていたから。しかし、インターネットにより商品情報は事前に調べることが可能になった
 ・比較検索 < 指名検索
  比較検索:手すり、レッドオーシャン、他社と比較するのが前提、競争が必然・・・既に失敗
  指名検索:イズミ、ブルーオーシャン、最初から見る・興味を持って来る、他にも競合がいるのに頭の中から選択肢がなくなっている状態

 

 うわっ、思いっきり「比較検索」を意識してSEO対策していました。。。

 

 他にも「おもちゃ箱片付け」の話も頭の整理の仕方として面白かったです。

 

 中でも、個人的に1番ビックリしたのは、「桃太郎理論」。

 

 桃太郎(リーダー):未来を描き、変化を求める。
 イヌ(実務家)  :現実的プランを作り、実行する。リーダーから次々と出てくる課題に疲弊する。
 サル(管理者)  :規則正しく、効率よくできる方法を探す。安定を重視し、変化を嫌う。
 キジ(政治家)  :対立する才能をうまくまとめあげ、根回しをする。

 

 というようなことが書いてあったのですが、10年以上も前に同じような話をしてくれた先輩がいました。少し脚色しますが、、、

 

 先輩「お前はどれになりたい?」
  私「この中ではイヌですかね。」
 先輩「お前の求められている仕事は、今はサルだ。」
  私「サル???」
 先輩「でも、サルの仕事をしながら、イヌやキジ、桃太郎の仕事をしっかり見てなさい。組織っていうもんはおおよそそういう役割でできている。どれか一つの役割しかできないならその程度だ。2年目のお前にはまだ分からないかもしれないが、若いうちからこういうことを意識して仕事をするのは大事なことだ。どの役割でもできるように、頑張りなさい。」
  私「はぁ・・・」

 

 と、当時は難しい話をする先輩だと思ってましたが、何か機会があるごとに誘っていただき、業界の話や仕事への取り組みの話などしていただいたものでした。

 

 このブログは見ていないと思いますが、もしその先輩に見られたら文章力がない!と怒られてしまいそうです。。。

 

 

2009/11/24 火曜日

風除室衣替え

Filed under: 会社紹介 — webizumi @ 13:21:01

■2009年11月24日

 

 イズミに来社されたことのある方はご存知だと思いますが、風除室には「イズミの手すりを紹介した漫画」と「各シリーズ毎の部材展示」、「お客様の分布が分かる地図」が飾られてました。

 

s091124-4.jpg s091124-5.jpg

 

s091124-6.jpg

 

 数ヶ月前から、「これらは要るか?」と社長からの投げかけがあり、「お客様との話のネタになります」とのことで保留になっていました。

 

s091124-8.jpg s091124-9.jpg

s091124-10.jpg s091124-11.jpg

 

s091124-1.jpg s091124-2.jpg

 

s091124-3.jpg

 

 しかし、今朝、思い切って取り外そう!ということになり、あっという間に取り外し完了。

 

 今後は部材展示などサンプル品をもっと展示する方向で検討中です。

 

s091124-12.jpg

 

 次が決定してからではなく、方向性が決まったら走り始める。

 

 変わり続けることが重要。そしてスピード。社長らしい進め方だと思います。

 

 一方で、「お客様との話のネタ」。。。考えなければいけません。

 

 「ある」ものがなくなる。これも一つのネタですね。
 

 

どらやき

Filed under: その他 — webizumi @ 11:42:18

■2009年11月24日

 

s091121eeae.jpg

 

 先週土曜日、大阪からお客様がいらっしゃいまして、その際にいただいたのがこちらの「どらやき」。

 

 私は季節がら、栗あんをチョイス。大きくて、甘くてとても美味しかったです。

 

 ご馳走様でした!

 

 夜は会食をしたのですが、その際におっしゃっていた言葉。

 

 「まずは、『できます』からや〜。」「できない理由はなんぼでも言える。」「『できます』と返事してから、そこから自分の経験や人脈を総動員して、何とかお応えするんや〜。」

 

 その他にも過去の大変な体験談など聞かせていただきました。 

 

 夜の柔らかいトークの中に、時々ピリッとしたトーク。

 

 とてもいいお客様と仕事をしているんだなーと思いました。

 

 

2009/11/21 土曜日

エスパイプ発売1周年記念キャンペーン!!

Filed under: 会社紹介 — webizumi @ 10:07:52

■2009年11月21日

 

091121.jpg

 

 お陰様で、エスパイプを発売してから1年が経ちました。そこで、日頃のご愛顧を感謝いたしまして『キャンペーン』を開催いたします。

 

 イズミ初の試みです。

 

 いつもエスパイプをご利用になられている方、まだご利用になられたことのない方も、ぜひこの機会にお試し下さいませ。

 

 期間    :11月24日(火)〜12月25日(金)午後4時までのご注文

 

 対象    :期間中、エスパイプをご注文いただいた全特約店様

 

 景品    :全国共通ペア映画観賞券

 

 抽選方法 :エスパイプをご注文いただいた伝票NO.の下2桁がぞろ目のお客様全て。
           (例:97100、97111、97122・・・)

 

 確認方法 :出荷終了後FAXしております「出荷通知書兼納品書」の右上に記載されている伝票NO.をご確認下さい。

 

 商品の発送:当選された方には12月末までに景品をお送りいたします。

 

 尚、エスパイプの特徴は今月の商品紹介(2009年8月)で以前ご紹介させていただきました。
http://118.82.91.229/blog/monthly_item/?PHPSESSID=b0ab11f10a0a99a02dee6530d5c315f5

 

 

2009/11/20 金曜日

包む文化

Filed under: その他 — webizumi @ 11:53:09

■2009年11月20日

 

 お歳暮の時期ですね〜。

 

 子供の頃は「うわーぃ、ジュースが来たー。ハムだー。」などと盛り上がっていましたが、自分がいざ大人になると中元・歳暮のやりとりをすることもありません。

 

 「包む」ことは、むき出しで人様に対峙するのは失礼だという日本人独特の美意識が生んだ美しい文化と言われています。

 

 綺麗に包んである包装紙やそこに添えられたリボンを見ると、それまでただの箱だったものがドレスアップされたものに見え、スペシャル感が増し、美しい!と思います。

 

 以前は会社の宣伝的な包装紙が多かったように思いますが、最近ではどこのものか見ただけでは分からないユニークなものがたくさんありますね。

 

 過剰包装は環境によくないということで簡易包装も浸透してきてますが、それでも完全包装や二重包装という文化は根強く残っており、一方で風呂敷が大ヒットしたり、ラッピング資格が流行るなど「包む」文化は健在です。

 

 考えてみれば、
  言葉・・・ストレートな表現を避け、やんわりと言う
  和服・・・体を包むように着る といったように、なんだか日本人は「包む」のが昔から好きみたいです。

 

 贈り物には「包む」ことを気にしますが、自分用にお菓子を買う時は、箱代いらないからもう1個入れて〜と思ったりするケチな自分もいます。。。
 

2009/11/19 木曜日

社長手作りシリーズ 〜電動机〜

Filed under: 社長手作りシリーズ — webizumi @ 10:49:06

■2009年11月19日

 

s2091119-1.jpg

 

  昨日の男子バレー清水のサーブ、スパイクもの凄かったですね。普段あまり見ないのですが、釘づけになってしまいました。女子バレーの無念を晴らしてほしいですね。

 

 さて、ずいぶんご無沙汰しておりました社長手作りシリーズ第5回目は「電動机」をご紹介します。

 

s2091119-2.jpg

 

 イズミでは朝は8時からラジオ体操後に朝礼を、夕方5時から夕礼を「電動机」に集まって行っています。

 

s2091119-3.jpg

 

 

 UP、DOWN、STOPのボタン一つでまん中のくり抜いた部分が下がったり上がったりし、止めたい所で止めることができます。

 

s2091119-4.jpg

 

 「電動机の下」はナナのお気に入りの場所でもあり、よくおやつを食べた後にお昼寝をするスポットでもあります。

 

 過去の写真を見ても、相当数をこの電動机の下で撮ってます。

 

 夕礼時にはナナがいることを忘れ「DOWN」ボタンを押し、「ビクッッーーー」と滅多に見ることのできない俊敏な動きで飛び出すことがあります。

 

 自戒も込めて・・・みなさん、気をつけましょう。 

 

 

 

2009/11/18 水曜日

『は』と『わ』について

Filed under: その他 — webizumi @ 8:46:37

■2009年11月18日

 

 めったにない、1日2度目の更新です。

 

 昨日、「私は」の「は」は、なぜ「WA」と読むのに「わ」じゃだめなのか? とある外国人の方に聞かれて困ってしまいました。

 

 小さい頃から違和感なく受け入れてしまった私としては、「そう決まっているから」と身も蓋もない返答しかできず。。。

 

 考えてみると「へ」と「え」、「を」と「お」など考えてみると説明できない日本語ってありますよね。

 

 しかも古典文学などに興味がある外国人の方だともう日本語っていったい何なのー?と理解に苦しむことが多々あるそうです。

 

 早速インターネットで調べてみると、「戦後に読み方と文字を統一する動きがあったそうですが、助詞は使用頻度があまりにも高いのでそのまま使い続けた」という説があるようです。

 

 が、、、しかし、この説明で外国人の方が納得するとは思えません。どなたかご存じではないでしょうかー。

 

 大人になって日本語が難しく感じるとは。。。 無念。

 

 

有限会社ミカミツーリスト2

Filed under: その他 — webizumi @ 8:37:20

■2009年11月18日

 

 以前(3月18日)のブログでご紹介しました襯潺ミツーリストの三上社長。

 

 昨日のブログを見ていただいたようで、早速京都のパンフレットを持ってきていただきました。

 

 ちょっと気恥ずかしいような、申し訳ないような・・・

 

 フットワークの良さというのは重要なことですね。

 

 たまたま見た情報からすぐ行動に移せることが単純に凄いな〜と思いました。

 

 ありがとうございました。

 

 でも、行くのは当分先になりそうです。。。

 

 

次のページ »