イズミ株式会社

2009/9/29 火曜日

今月のテーマ(自分自身の長所・短所)

Filed under: その他 — webizumi @ 9:24:59

■2009年9月29日

 

 今日からいよいよHCR2009(国際福祉機器展)in東京ビックサイトがスタートです。

 

 イズミ社員3名に代理店のダイオウ様・アーチ様から1名ずつ現地に行っております。

 

 お時間のご都合がつく方は是非いらっしゃってくださいませ。

 

 さて、今月のテーマは「自分自身の長所・短所」。

 

 長所では切替が早い・発想が若い・協調性がある・プラス思考・和を大事にする・人への気遣いなどがありました。中には自分では分からないから誰か教えてほしいなんていうとても控え目なご意見も。長所はなかなか自分では言いにくいものですね。周りから言われて気づくことも多いのかもしれません。

 

 一方短所ではめんどくさがり・気分屋・短気・がんこ・おとなしいなどがありました。

 

 またまた社長は少し切り口が違いまして、「短所はない。大切なことは自分の短所に気づいていること。気づいていればその短所によって失敗しないよう気をつけるだろう。」ということを言ってました。

 

 程度にもよりますが、短所は場面によっては長所にもなりえると思うんです。

 

 気分屋   は 気持の切替ができる
 短気    は 抱え込まない
 がんこ   は こだわりがある
 おとなしい は 人の話を良く聞くことができる などです。

 

 めんどくさがり は 小さいことは気にしない?ちょっと無理がありますが。。。

 

 とりとめもない話になってしまいました。

 

 私も明日・明後日は展示会へ参加させていただきます。誠に勝手ながら2日間ブログをお休みさせていただきます。

 

 それでは、行ってきま〜す。
 

2009/9/28 月曜日

ユニクロ 柳井正 〜仕掛けて売り切るヒット力〜(川嶋幸太郎著)

Filed under: — webizumi @ 13:18:29

■2009年9月28日

 

  ・早く失敗して、早く考えて、早く修正する
  ・安定へは行かず、ベンチャー意識を持ち続ける

 

 高校の頃、安い衣料店ができたと聞いて行ったのが私にとってのユニクロデビューでした。当時、地元のチェーン店と思っていたユニクロが、今ではどこへ出かけても至る所で出会うようになりました。

 

 以前新宿駅の改札を出た所で、私と全く同じダウンコート(色まで同じ!)を着ている人が5人もいてかなり気まずさを覚えたことがあります。大ブームを肌で感じた次第です。

 

 フリースやダウンコート、ヒートテックの大ヒットは有名ですが、最近ではシューズも売り出し、な・なんと個人的に大好きなディズニーとのコラボTシャツを作るなど私の心を鷲掴みしてます。

 

 低価格の衣料店のイメージから、今では高品質・高機能まで実現し、有名タレントのCM活用でファッション性までアピールできており、この不況の中でも成長企業の象徴としてメディアでもよくとりあげられてますね。

 

 「デコクロ(デコレーションするユニクロ)」という言葉もあるそうで、袖を切ったり、飾りをつけるなど、ちょっとした工夫で自分仕様にしてしまうというものが流行っているようです。

 

 この本では、
  ユニクロを買っておけば間違いない、ユニクロを買えば損はしないといった「信頼・評価」の定着がユニクロの強さであり、ブランド力であると分析されており、他にも大ヒットに隠された裏側や「大企業病」や「後継者問題」といった課題についても鋭く指摘しています。

 

 さて、ユニクロとイズミには「製造・直接販売」という共通点があります。

 

 イズミでは中国からの輸入商品において不良品の多さが常に大きな問題となっているのですが、同じような状況でユニクロはどう商品管理をしてこれだけの安定した品質の商品を作ってきたのでしょうか?常々そこが特に凄いなぁ〜と思っていたのですが、その秘密には触れられていなかったのが少し残念でした。

 

 イズミの商品なら、イズミのサービスなら間違いない・安心できるといった「信頼・評価」を得られるように頑張らないといけない。

 

 イズミの企業理念である「信頼され、持続する企業になる。」への思いをまた強くしました。

 

 

2009/9/26 土曜日

しゃっくり

Filed under: その他 — webizumi @ 15:23:26

■2009年9月26日

 

 「ちゃんばー(ばあちゃん)」「ジュルスケ帳(スケジュール帳)」など逆さ言葉の業界用語でお馴染みのお笑い芸人「夙川アトム」さんのネタとして、最近しゃっくりしながら話をするというのがあります。個人的にウケます。

 

 さて、しゃっくりは3日続くと死ぬとか、100回続くと死ぬなんて噂を子供のころ聞いたことがありますが、あれは本当なのでしょうか?

 

 実際そんなことはないようです。

 

 ギネスブックではなんと約68年間しゃっくりが止まらなかったアメリカ人がいたようです。この方の人生って。。。

 

 私は炭酸飲料を一気飲みするとしゃっくりが始まる傾向にあるのですが、たまにうっかりやってしまいます。学習機能がついてませんね。

 

 しゃっくりの止め方も「呼吸を止める」「ワッとびっくりさせる」など色々あるようですが私はそのような方法で止まったことがありません。

 

 私流は「コップに水を注ぎ、コップの上に2本の箸を間隔を少し開けて並行に置き、前屈するような姿勢で水を飲む」というものです。

 

 これは小学校時代に噂が広まり、本当に効果があったことから仲間内でちょっとしたブームになりました。

 

 あの2本の箸は何か意味があったのでしょうか。。。気になります。

 

 

2009/9/25 金曜日

社内回覧

Filed under: 会社紹介 — webizumi @ 17:41:29

■2009年9月25日

 

 イズミではよく回覧物が回ってきます。

 

 全体会議や部署会議の議事録、リンクライン通信、その他連絡事項などです。

 

 中でも特に嬉しいのは時々いただく「お客様からの励ましメールや感謝メール」です。

 

 仕事がうまく進んでいない時などにいただくと特に効果的で、気持ちが高ぶります。

 

 さて、最近は本の回覧も始めました。

 

 現在回覧しているのは以下の3冊です。

 

 ・新型インフルエンザ対策ブック(リーガルネットワーク社作成)
 ・世界一わかりやすい在庫削減の授業(若井吉樹著)
 ・中小企業のための実践!5S塾(木村温彦著)

 

 分かっていることは復習のつもりで、知らなかったことは知識として身につけ今後に活かすつもりで読んでいます。

 

 みなさんの会社では何を回覧してますか?
 

2009/9/24 木曜日

シルバーウィーク2

Filed under: その他 — webizumi @ 16:21:47

■2009年9月24日

 

 シルバーウィークも終わり、今日からまたいつもの生活が始まりました。

 

 みなさんリフレッシュできましたでしょうか?

 

 社長はどうも休日中フル稼働で働いて、少しお疲れのご様子です。

 

 さて私はというと、少し前にブログで書いたささやかな目標を全て達成しましたー。

 

 ケーキを8種類食べ、本を3冊読み、大掃除ではないですが小掃除。。。

 

 特に頑張ったのが料理です。

 

 和・洋・伊と自分なりの創作料理を1日1品ですが、やりきりました!

 

 よく料理をする人からすれば、そんなものーとひやかされてしまいそうな出来でしたが、久しぶりに自己満足しました。

 

 さーまた今日から仕事バリバリやりますよー。

 

 

2009/9/19 土曜日

HCR2009 国際福祉機器展 準備4

Filed under: 会社紹介 — webizumi @ 17:28:41

■2009年9月19日

 

 今日は午後から全員参加でHCR2009の打合せをしました。

 

 スケジュール確認、会話での注意点、新商品における情報共有がテーマでした。
 

s090919-1.jpg  s090919-2.jpg

 

  当初たてた予定から様々な項目が遅延しており心配でした。

 

 特に新商品。部品検査においても不良品があまりにも多く、ほんとにいったいどうなってしまうのか毎日ひやひやしました。

 

 しかし、粘り強く修正依頼と検査を繰り返し、なんとか間に合うことができました。

 

 パネルも何度も変更になり、担当者は相当お疲れだと思いますがとてもいいものができたと思います。

 

s090919-3.jpg

 

 シルバーウィークが終わると、展示会までもうすぐです。

 

 最後の追い込みで無事出展できるようチームワークで頑張ります。

 

 早くお客様とお会いしたいです。

 

 

2009/9/18 金曜日

社長手作りシリーズ 〜梱包補助台〜

Filed under: 社長手作りシリーズ — webizumi @ 13:50:42

■2009年9月18日

 

 酒井法子被告が昨日、謝罪会見をしていました。私の中では長年トップアイドルだったので、初めて聞いた時は本当にびっくりしました。残念です。。。

 

 さて、社長手作りシリーズ第4回目は「梱包補助台」をご紹介します。

 

s090918-1.jpg s090918-2.jpg

 

 イズミ用語で長物と呼んでいる「パイプ・木棒・補強板」の梱包はいつも一苦労です。

 

 重い物は1本あたり6、7キロしますし、それを何本も一緒に梱包しますからその苦労は。。。

 

 ふだんお米より重いものをほとんど持つことがない か弱い?私は出荷業務をやるたびに、ちょっと腕が筋肉痛になってしまいます。腰も少々やられます。

 

 そこで大活躍するのが・・・こちらの「梱包補助台」なんです。

 

s090918-3.jpg s090918-4.jpg 

 

 バンド止めをするのですが、バンド止めの前後に合計5台の梱包補助台を並べ、ローラーがついているのでその上を滑らせるように動かします。

 

s090918-5.jpg s090918-6.jpg

 

   ↑↑↑ このような感じで梱包されていきます。

 

 

s090918-7.jpg

 

  バンド止め後、両端をテープで止めて補強するなどの作業がありますので、そのために必要な道具を置くちょっとした工夫もしてます。
 

 今はこの位置でやっていますが、取扱商品や出荷量の変化時のレイアウト変更にも対応できるよう「置くだけ手すり式(手すりではありませんが)」になっています。

 

 実は、このバンド止めの機械にも工夫がしてあるんです。

 

 また次回ご紹介したいと思います。

 

 それでは、みなさま有意義なシルバーウィークをお過ごしくださいませ!!
 

2009/9/17 木曜日

シルバーウィーク

Filed under: その他 — webizumi @ 13:57:02

■2009年9月17日

 

 今月19日(土)〜23日(水)はシルバーウィークですね。

 

 みなさんはどのように過ごされますか?

 

 旅行や帰省などまとまった休みがないと出来ないことをする方も多いのではないでしょうか。

 

 まだまだインフルエンザ流行期です。外出される方は手洗い・うがいなどいつものケアをしっかりしてくださいね。

 

 私は特に予定はありませんので普段の休日と変わらない1日を過ごす予定です。

 

 ケーキをいっぱい食べようかな〜、本を3冊は読みたいな〜。あと、最近全くやっていない料理を頑張ってみようかな〜、大掃除しようかな〜 などささやかな目標です。

 

 イズミは19日(土)は通常営業で、20日(日)からの4日間お休みをいただきます。

 

 「うわぁ〜、また休みかー。」・・・社長のつぶやき

 

 

2009/9/16 水曜日

きっかけ

Filed under: その他 — webizumi @ 17:58:12

■2009年9月16日

 

 イズミではお客様になっていただいた「きっかけ」を定期的に検証しているのですが、ある変化に気がつきました。

 

 「HPを見た」というきっかけが、昨年比で約2倍に増えていたのです。

 

 「お客様からの紹介」というきっかけが常に1位でその差は大きいのですが、こうして毎日更新しているブログをはじめHP全体をちょこちょこ触っているのが少なからず貢献しているのではないかと思い、とても嬉しく思いました。

 

 モチベーションアップです!

 

 先日いただいたアンケート内にありました不便に感じる点につきましても、1つ1つ対応中です。

 

 費用がかかるものが多いので予算との兼ね合いもあり、ペースは遅いですが、できることからコツコツと実行していきたいと思います。

 

 さて、本日民主党の鳩山内閣が誕生しますね。

 

 社民党・国民新党との連立政権になるとのことで、課題山積みの日本に希望が持てるよう導いて欲しいと思います。

 

 大きく信用を失ってしまった自民党ですが、どのように巻き返してくるのかも気になるところです。

 

 

2009/9/15 火曜日

働く幸せ(大山泰弘著)

Filed under: — webizumi @ 9:32:06

■2009年9月15日

 

 夏らしい日もほとんどないまま、近頃いっきに涼しくなってきました。食欲の秋、読書の秋ですね〜。少しは芸術もとりいれてみたいものです。

 

 さて、今日ご紹介する本は、「日本でいちばん大切にしたい会社(坂本光司著)」で紹介され、各メディアでもとりあげられている日本理化学工業蟆馗溝膸蛎拗阿気鵑遼椶任后

 

 日本理化学工業はなんと社員の7割が知的障害者で運営されているチョーク製造会社。

 

 「世界のモデルとなるような知的障害者の工場を作る」という思いから始まった知的障害者にあわせた作業工程の改善。

 

 材料の重量を数字で把握するのではなく、材料が入っている容器のふたの色とおもりを同じ色にしたり、時間計測には時計ではなく砂時計を使うなど、健常者が当たり前にできることを障害者の視点で見直して標準化する工夫の数々。

 

 その結果、知的障害者だけでJIS規格のチョーク製造ができるようになったとのこと。

 

 他にも、「キットパス」というホワイトボードマーカーの問題点を解決した看板商品(粉が出ないだけでなく、ガラスなどにも書けて、水でさっと消せ、更に経済的)や「ホタテ貝殻配合のダストレスチョーク」というゴミ資源の有効活用で最後は花の肥料にもなるというエコ商品などの開発ストーリーも面白いです。

 

 何度もピンチがあったのですが、その勝負時に支援者や補助金などまるで神様がいるかのように運を引き寄せたことも大きかったのだろうと思います。

 

 それこそ、「神様も応援してくれる程の努力」がそこにはあったのでしょう。

 

 ここまでやってこれたのは「ビジネス」と「思い」の両立にあると書いてあります。

 

 確かに「思い」だけでは経営は成り立ちません。しかし「思い」がなければ応援もされません。

 

 本の最後には「障害者を国が福祉として丸抱えするのではなく、企業にゆだねることも必要ではないか」と提言しておられます。

 

 少し例えは違いますが、イズミの課題に「仕事が人についている」というのがあります。

 

 少人数で働く上ではどうしても専門的になって効率優先になってしまいがちです。

 

 しかし、労働の流動化が激しい昨今。

 

 「新人・中途採用者の即戦力化」という新たな課題も見えています。

 

 OJTである程度はカバーできているつもりですが、手順の整理・マニュアル化は充分とは言えません。

 

 とても多くの事を気づかせてくれる本でした。

 

 

次のページ »